ゼニカルの作用と飲み方

ゼニカルとサノレックスの違い

ゼニカルとサノレックスは、どちらもダイエットに活用される医薬品ですが、その作用には違いがあります。

サノレックスは食欲を抑制する作用があります。そのため、食べ過ぎが原因で太ってしまう傾向の強い人に向いているでしょう。これに対してゼニカルは、食事に含まれる脂肪分が、消化管で消化、吸収されるのを抑える作用があります。

このような違いが見られるのは、有効成分の特徴によるものです。サノレックスに含まれる有効成分「マジンドール」は、神経伝達物質のアドレナリンやドパミンを増やします。それによって満腹中枢が刺激され、満腹感を感じられるようになるのです。

一方、ゼニカルの有効成分「オルリスタット」は、リパーゼと呼ばれる消化酵素の働きを抑えることで、脂肪の吸収を抑えます。ゼニカルとサノレックスは、消化吸収を抑えるか、脳に作用するか、という差異があるのです。

マジンドールは連続で服用すると、身体依存、精神依存のリスクがあります。一方、ゼニカルにそのような心配はありません。

ゼニカルは長期間飲み続ける薬

ダイエット医薬品は、体質を改善するものではありません。効果を維持するには服用を続ける必要があります。服用を止めると元の状態に戻るため、別の方法でダイエットしない限り、体重も戻ってしまいます。

ゼニカルは脂肪分の吸収を抑えると同時に、ビタミンAなどの脂溶性ビタミンの吸収も抑えてしまいます。そのため皮膚の乾燥などを招く可能性があるのです。ビタミン不足を補うために、マルチビタミン剤を服用するのがおすすめです。

サノレックスは上述のように、身体依存、精神依存のリスクが伴います。連続で服用できる期間は3カ月です。また、次の服用開始まで、6カ月の休薬期間をとる必要があります。

長期服用の場合、ゼニカルのほうが向いています。1日の服用回数は1回から3回ですが、飲むタイミングに注意してください。食中から食後1時間以内に、コップ1杯ほどの水で服用します。服用のタイミングに気を付けましょう。

ゼニカルの副作用と一緒に飲んではいけない薬

主な副作用は下痢とビタミン不足

ゼニカルはダイエットを助けるやせ薬です。世界的にも有名で、効果が高い肥満治療薬として知られています。

朝・昼・夜の3回、食後1時間以内に服用します。用法、用量をしっかり意識しておくことがポイントです。ゼニカルはダイエットがうまくいかない人のための肥満治療薬です。副作用と他の薬との組み合わせに注意する必要があります。

主な副作用は下痢とビタミン不足、それに伴う頭痛、めまい、吐き気などです。さらに、肝臓や腎臓などの臓器に異常を与える重篤なケースも存在します。もともと臓器に持病を抱えている人は、服用前に医師と相談する必要があります。

ゼニカルは一緒に飲んではいけない薬も存在します。抗てんかん薬や甲状腺治療薬、抗血栓薬などは、飲み合わせに注意しなければいけません。持病を抱えており、常用薬を飲んでいる人がゼニカルを服用する場合、まずは医師に相談しましょう。

副作用を把握して安全にゼニカルを使う

ゼニカルは肥満治療に効果を発揮する薬です。一方、副作用も多いので、ゼニカルを使う場合は、副作用について事前に知っておく必要があります。副作用に関する知識を事前に知っておけば、症状がでても安心です。

目立った副作用の症状として、お腹がゆるくなり、下痢が起こります。食べ物の消化の過程で、肥満の原因となる糖質、脂質といった養分を排出するために起こるのです。

また、ビタミン類も一緒に排出されやすい状態になります。ビタミンの中には、人体で作り出せず、食べ物から摂取するものもあります。ビタミン不足で病気になってしまうことも多いため、サプリメントでビタミンを摂取するとよいでしょう。

他の注意点として、肝臓や腎臓の機能に障害があると血便が出る場合があります。ゼニカルを使っていて、違和感を感じたら、即座に服用を止めて、医師に相談しましょう。処方された薬が合う場合も、医師と相談することが重要です。

ゼニカルは副作用に注意

副作用が気になるときは医師に相談

ダイエット薬のゼニカルは、まれに吐き気や胆石症といった副作用が起こるので注意が必要です。このような症状が出たときは服用をやめて、主治医に相談しましょう。

ゼニカルは減量効果が期待できる薬として、世界中で多くの人が使っています。一方、服用している過程でビタミンが不足するため、注意が必要です。これは、ゼニカルが脂質の吸収を妨げる効果を持つためです。ゼニカルを使用していると、脂溶性ビタミンA、Bや、その他の栄養素が不足することがわかっています。

脂溶性の栄養素は、摂りすぎると体に蓄積してしまう特性があります。しかし、ゼニカルを飲んでいると不足しがちになるので、緑黄色野菜やサプリメントで、積極的に補給することを心掛けましょう。

副作用が気になるときは医師に相談し、薬を飲み続けても大丈夫か、診断してもらうとよいでしょう。

規則正しい生活が大事

ゼニカルを服用していると、副作用でビタミン不足になるので、栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。

脂溶性ビタミンを摂りすぎないよう、サプリメントは適量を摂るのが重要です。また、生理前に肌が荒れる場合、栄養バランスが悪いだけでなく、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。規則正しい生活やストレス対策をして、ホルモンバランスを改善するよう心がけましょう。

ゼニカルは正しく使うことで高いダイエット効果を期待できる薬です。一方、脂肪の吸収をブロックする効果が高いため、体に必要な栄養素まで遮断してしまう可能性があります。

肌の調子が悪くなったり、生理不順になるなど、体に変調をきたしたときは、ゼニカルの服用を続けるかどうか医師に相談しましょう。サプリメントを摂ることで、皮膚のトラブルは改善するケースが多いですが、規則正しい生活を送ることも重要です。

ゼニカルの副作用

ゼニカルの副作用は頭痛

ダイエット薬・ゼニカルの副作用は、栄養バランスの崩れによる頭痛です。副作用の対策としては、サプリメントの摂取です。

ゼニカルは、脂肪の吸収を防ぐダイエット薬です。食事として摂取した脂質は身体の外側に老廃物として体外に排出させます。そのため、脂溶性のビタミンまで排出してしまい、栄養のバランスが崩れるのです。頭痛が生じるのはそのためです。

副作用への対処は、脂溶性のビタミンがバランスよく配合されているサプリメントを摂取することです。サプリメントは、食事から2時間前後ほど間隔を空けて摂取する必要があります。ゼニカルの効果が発揮される食事の際にサプリメントを摂取しても、脂溶性の有効成分はゼニカルによって、体外に排出されてしまうからです。

それでも副作用の症状が緩和しない場合は、しばらくゼニカルの使用を控えましょう。

もう一つのゼニカルの副作用は、生理不順

ゼニカルの副作用として、生理不順が発生する可能性もあります。ゼニカルによる生理不順には、葉酸のサプリメントを摂取することで、対処できます。

ゼニカルの服用により、脂溶性のビタミンが不足すると、生理不順が起こるのです。栄養不足によるホルモンバランスの崩れが原因と考えられます。ホルモンバランスが崩れると、充分な量の女性ホルモンが分泌されなくなってしまうからです。

また、体内でビタミンが不足すると、ストレスをため込みやすくなります。そのストレスが原因で、女性ホルモンのバランスが崩れるのです。

ゼニカルによる生理不順には、葉酸のサプリメントを摂取することで、対処できます。葉酸を摂取することで、ホルモンバランスを保つのです。

葉酸のサプリメントも、食事から2時間前後ほど間隔を空けて摂取する必要があります。上述したように、ゼニカルの効果が発揮される食事の際にサプリメントを摂取すると、ゼニカルによって、葉酸の吸収が阻害されてしまうからです。