ゼニカルは副作用に注意

副作用が気になるときは医師に相談

ダイエット薬のゼニカルは、まれに吐き気や胆石症といった副作用が起こるので注意が必要です。このような症状が出たときは服用をやめて、主治医に相談しましょう。

ゼニカルは減量効果が期待できる薬として、世界中で多くの人が使っています。一方、服用している過程でビタミンが不足するため、注意が必要です。これは、ゼニカルが脂質の吸収を妨げる効果を持つためです。ゼニカルを使用していると、脂溶性ビタミンA、Bや、その他の栄養素が不足することがわかっています。

脂溶性の栄養素は、摂りすぎると体に蓄積してしまう特性があります。しかし、ゼニカルを飲んでいると不足しがちになるので、緑黄色野菜やサプリメントで、積極的に補給することを心掛けましょう。

副作用が気になるときは医師に相談し、薬を飲み続けても大丈夫か、診断してもらうとよいでしょう。

規則正しい生活が大事

ゼニカルを服用していると、副作用でビタミン不足になるので、栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。

脂溶性ビタミンを摂りすぎないよう、サプリメントは適量を摂るのが重要です。また、生理前に肌が荒れる場合、栄養バランスが悪いだけでなく、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。規則正しい生活やストレス対策をして、ホルモンバランスを改善するよう心がけましょう。

ゼニカルは正しく使うことで高いダイエット効果を期待できる薬です。一方、脂肪の吸収をブロックする効果が高いため、体に必要な栄養素まで遮断してしまう可能性があります。

肌の調子が悪くなったり、生理不順になるなど、体に変調をきたしたときは、ゼニカルの服用を続けるかどうか医師に相談しましょう。サプリメントを摂ることで、皮膚のトラブルは改善するケースが多いですが、規則正しい生活を送ることも重要です。