ゼニカルの副作用

ゼニカルの副作用は頭痛

ダイエット薬・ゼニカルの副作用は、栄養バランスの崩れによる頭痛です。副作用の対策としては、サプリメントの摂取です。

ゼニカルは、脂肪の吸収を防ぐダイエット薬です。食事として摂取した脂質は身体の外側に老廃物として体外に排出させます。そのため、脂溶性のビタミンまで排出してしまい、栄養のバランスが崩れるのです。頭痛が生じるのはそのためです。

副作用への対処は、脂溶性のビタミンがバランスよく配合されているサプリメントを摂取することです。サプリメントは、食事から2時間前後ほど間隔を空けて摂取する必要があります。ゼニカルの効果が発揮される食事の際にサプリメントを摂取しても、脂溶性の有効成分はゼニカルによって、体外に排出されてしまうからです。

それでも副作用の症状が緩和しない場合は、しばらくゼニカルの使用を控えましょう。

もう一つのゼニカルの副作用は、生理不順

ゼニカルの副作用として、生理不順が発生する可能性もあります。ゼニカルによる生理不順には、葉酸のサプリメントを摂取することで、対処できます。

ゼニカルの服用により、脂溶性のビタミンが不足すると、生理不順が起こるのです。栄養不足によるホルモンバランスの崩れが原因と考えられます。ホルモンバランスが崩れると、充分な量の女性ホルモンが分泌されなくなってしまうからです。

また、体内でビタミンが不足すると、ストレスをため込みやすくなります。そのストレスが原因で、女性ホルモンのバランスが崩れるのです。

ゼニカルによる生理不順には、葉酸のサプリメントを摂取することで、対処できます。葉酸を摂取することで、ホルモンバランスを保つのです。

葉酸のサプリメントも、食事から2時間前後ほど間隔を空けて摂取する必要があります。上述したように、ゼニカルの効果が発揮される食事の際にサプリメントを摂取すると、ゼニカルによって、葉酸の吸収が阻害されてしまうからです。