知っておきたい痩せ薬ゼニカルの代表的な副作用

痩せ薬ゼニカルの副作用とは

痩せ薬のゼニカルは、比較的重篤な副作用は少ないといわれていますが、それでも軽い副作用が出ることがあります。医師からの処方以外に、ゼニカルは通販で購入することができます。もし通販で購入するのであれば、事前にゼニカルの副作用について学ぶ必要があります。ここではゼニカルの副作用について紹介しています。

ゼニカルの副作用は油と一緒に便が排出されたりおならが出やすくなります。軟便になるといった排泄関係の副作用が認められています。

又、脂肪分の排出効果が高い薬ですので脂溶性ビタミンが不足しやすい特徴があります。脂溶性ビタミンとはビタミンの中でもAやEなどがあります。それらの成分は油に溶けやすいのでゼニカルの効果によって排出されてしまう可能性が高くなります。

この副作用に関してはあらかじめマルチビタミンなどを購入しておけば不足分を補うことが出来ます。脂溶性のビタミンは摂取しすぎても過剰症になりますので適度に撮ることが重要です。

食生活を偏りのないものにするのも効果的といえるでしょう。頻度の低い重篤な副作用は肝機能や腎機能などに障害が出るケースです。又、胆石になる可能性が報告されています。

これについても頻度の高いものではなく、ゼニカルの服用でその確率が上がると言われています。

ゼニカルの副作用を知って事前に対応

ゼニカルの服用でおこる代表的な副作用の症状は、便意切迫や脂肪便、放屁、排便時に便が柔らかくなるといった排泄の傷害です。

あらかじめわかっていれば便が柔らかくなったり便意を頻繁にもよおしてもある程度は対応することが出来ます。ゼニカルは食事の脂肪分を吸収させずに体外に排出する効果があります。

吸収しなかった油は便と一緒に排出されます。とはいっても排便をしていてお尻から油が出てきたのでは驚いてしまいますので、副作用についてはあらかじめ知っておく必要があるでしょう。

ゼニカルの効果は、食事で摂取した油分を吸収させずに体外に排出する薬です。クリニックで処方されるときには副作用について説明してもらうことが出来ます。

わからないことがあればあらかじめ確認しておくことをおすすめします。お腹を壊しやすい方は外出時のお手洗いの場所を確認しておいたり、整腸剤などを服用して対応するのも得策です。

副作用があまりにも強く出るようであれば体に合っていない可能性もありますので医師に確認して服用を続けるかを決めるのがおすすめです。

ゼニカルで噂される副作用の肺がん

ダイエットピルとして知られているゼニカルは、世界17カ国で認可されている医薬品です。病院などでも処方されるきちんとした医薬品なのですが、その副作用の一つとして肺がんになるリスクがあると噂されています。

これは本当なのでしょうか。確かにアメリカのある研究が、ゼニカルを服用することで肺がんになるリスクが高くなると発表したために、それによって一時的に販売が中止される事態となってしまったことがありました。

しかし、きちんとした科学的な根拠の証明がなされているわけではないことから、子のことに関して否定的な医師も少なくないようです。

ゼニカルによって肺がんが発症するかもしれないというその根拠となっているのは、ゼニカルを服用することによって脂肪分がそのまま流れ出てしまい、十分な栄養が吸収することができなくなってしまうことによるようです。

このことはダイエットには効果的なのですが、栄養が不足することで抵抗力が落ちてしまい、がんなどの病気に対しても戦うことができなくなってしまうのではないかという訳です。

しかし、運動したり他の方法などで抵抗力が落ちてしまうことがないように気を付ければ、リスクを大幅に下げることができます。

ゼニカルの副作用で多いのは腹痛

ゼニカルの副作用として報告されているのは、便に関するものが多いです。これはゼニカルを服用することで脂分の吸収が抑えられ、その脂分はそのまま便として排出されてしまうことから来ているようです。

脂肪分が排出されるということはダイエットには効果を発揮するのですが、腹痛を引き起こしたり、下痢になったり、頻繁に便意がもよおされたりという症状が出ることが多くなります。

また、ビタミン不足になる例も比較的多く報告されています。これは脂溶性ビタミンが脂肪分に溶けながら体内に吸収されるのですが、脂肪が排出されてしまうとそのビタミンが吸収されにくくなってしまうからです。

そのため野菜や果物などを多く摂取する必要があります。さらに、稀に発生する副作用として、消化管の病気や胆石症、肝臓病や腎臓病などがあります。

基本的には、もともとこれらの疾患がある方はゼニカルの服用を控えた方が良いでしょう。またBMIの数値がそれほど高くないのにゼニカルを服用している人もこれらの副作用のリスクが高まりますので注意しましょう。

その他にもアレルギーや膵炎、腹痛、食欲不振など様々な副作用が報告されていますが、これらの症状がでたら、一旦服用を中止し、すぐに医師に相談すると良いでしょう。